ブログ

発達支援教室

夏休み

梅雨明け、そして夏休みが始まりました。

こちらは、夏休み前に行われた1年生の教室体験の様子です。「ここは、苦手なことが上手くできるように、得意なことをもっと伸ばせるように勉強するところです」説明を聞いた後に、実際に運動を体験しました。

こちらは、新顔「けっぴー」。去年の「ここ助」より一回り大きいがまくんです。得意技は頭突き。けっぴー達生き物は、夏休み中はスタッフが自宅に持ち帰って世話をしています。

ミニトマトが赤くなったので、一人一個の約束で、自分で収穫して持ち帰りました。

ひょうたんは、今年はいくつできるかな?

 

 

宝石2種とちびガマ

時々、通級児童やその友達から声がかかり、休み時間に子どもたちと遊ぶことがあります。

先日遊んでいたら、校庭でタマムシを発見!このあたりにもいるんですね。

シロツメクサの指輪をもらった先生も。なんだか宝石みたいです。

さて、先日校庭でちびガマを拾いました。昨年のココ助の親戚でしょうか。学校の池にはオタマジャクシは出なかったのに、一体、どこで生まれたんでしょう。

まだこのサイズです。

梅雨入り

関東地方も梅雨入りです。

コメコメちゃん、脱走しました。陸地に生えているオオバコを上って蓋を乗り越えたようです。現在逃走中。

カニも、脱走したりして数が減ってしまいました。残っているカニは元気です。

マルム、ミュウツーは元気です。トカゲが穴を掘ってミミズを捕まえるなんてびっくりです。

さらに、尻尾の青い「アオハル」と、小さいカナヘビの「ココア丸」が加わりました。ココア丸の下は、アマガエルのプクちゃん。(名前が決まりました。)ココア丸は、通級のお子さんが持ってきてくれました。

昨年、ヒョウタンを植えた場所には、今年はミニトマトが育っています。

ヒョウタンは、南の花壇に植えてみました。上手く育つかな。

 

 

 

ニューフェイス

令和3年度の指導開始から早くも3週間がたちました。

毎年恒例?発達支援教室の動物スタッフの紹介をします。

まずは、昨年度からのベテラン、コメコメちゃんです。冬眠から覚め、水槽内を遊泳中。

 

こちらは、職員室に迷い込んできたカナヘビ。マルムと名前がつけられました。マルムが乗っている石の右側に出ている尻尾の主が、

ニホントカゲ、「ミュウツー」です。カナヘビと違って、トカゲは穴を掘って昼寝をしていることが多いです。さらに、

アマガエルくん。名前はまだ決まっていません。草むしり中に飛び出してきました。そして、

サワガニをいただきました。きれいな水が好きなので、気を遣っています。

動物スタッフ一同も、皆さんのお越しをお待ちして一ます。

 

 

もう3月

年が明け、季節は変わり、もう3月になりました。

「つるし飾り」を作りました。材料は、どこかで見たことがあるような…

こちらは、教室に新しく入った「防災ラジオ」「空気清浄機」「黒板消しクリーナー」です。空気清浄機は時々かわいい声でしゃべります。

発達支援教室は、3月8日~3月19日の期間中に最終面談を行います。お子さんの今年度の成長を、おうちの方とともに確認していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

年末恒例

発達支援教室では、毎年、2学期の終わりに「家に持ち帰れる作品作り」をしています。今年は和の香りが漂う「新しい年を迎える飾り」を作ることにしました。

作るねらいはそれぞれに違います。

手順表をもとに、自分で作ることをねらいとする、

たくさんの中から、自分で材料を選ぶことをねらいとする、

指先を使って、細かい作業ができることをねらいとする、などです。

こちらが子どもたちの作品の一部です。

発想の豊かさにびっくり!

こちらはヒョウタンのランプ。

たくさん収穫できたら、皆で作ってみたいです。

 

 

ヒョウタンその後

ヒョウタンは、全部でこれだけ収穫できました。通級にきた子どもたちが見付けて

「わあ、これ食べられる?」

たしかに美味しそうです。でも残念ながら苦くて食べられないとのことです。

穴を開けて水につけ、何日かおいておきます。

水がだいぶ臭くなってきました。いよいよ中身を出します。

臭いけど、やってみたい!というお子さんもいて、何人かがチャレンジしました。

においに負けずに種を出し、皮をむきます。

よく洗ってきれいな水に換えます。これを何回か繰り返します。

仕上げに乾燥をさせます。

白くて軽いヒョウタンになりました。この後、飾りや楽器にして教室で使いたいと思います。

 

 

 

すっかり秋

10月も半ばになると、急に秋の気配が強くなりました。

ヒョウタンは収穫の時期です。

夏の暑さで枯れたりしてあまり多くはできませんでしたが、まだなっている実も含めて

15、6個くらいは収穫できそうです。

さて、生き物たちもそろそろ冬支度の季節です。

ここ助は以前住んでいた校庭へ。(1匹で飼っていたのでツボカビ病は大丈夫だと思います。)

ここちゃんのために、子どもが3階建ての家を作ってくれました。

「イモリのコメコメちゃんにも冬用の家を作る。」と言って

別の子どもがイモリの冬越し水槽を作りました。コメコメちゃんは、

早速落ち葉の下へ入っています。

来週は、前期の最終指導週間になります。

9月に入って

日中はまだまだ暑い日が続いていますが、朝晩はずいぶん涼しくなりました。

いつの間にかヒョウタンができていました。

ここすけは、今日もお風呂。

さて、長らく延期になっていた第1回保護者懇談会が

9日に開催されました。

どのようにすれば密を避けて話し合いが持てるか、

スタッフ一同知恵を出し合い、事前に机を並べてシミュレーションしました。

当日は、お忙しい中12名のご参加をいただき、

短い時間の中で中身の濃い懇談をもつことができました。

ご参加くださった皆様、ありがとうございました。

当日ご参加いただけなかった皆様も、各教室にこの時のご意見が掲示してありますので、ぜひご覧ください。追加のコメントも大歓迎です。

 

人間以外のスタッフ

発達支援教室には5人のスタッフがいますが、実は人間以外のスタッフもいます。主に「心理的な安定」担当の彼ら(彼女ら)を紹介します。

まずは、おなじみのイモリさん。人が近づくと物陰から顔を出して寄ってきます。「コメコメちゃん」という名前で呼ばれています。

次に、ヒキガエルの「ここ助」。こちらは西小の1階

連絡通路を歩いているところを保護しました。

名前の由来は、胴をつかむと「ココココ」とかわいい声で鳴くところから来ています。生き物好きの子どもたちは2匹をながめたり、餌をあげたり、手に乗せて遊んだりして、また元気に教室に戻っていきます。

動物スタッフは、随時募集中です。