ブログ

発達支援教室

今年もあとわずか

今年もあとわずかとなりました。

今年あった発達支援教室の出来事を、思いつくままに色々振り返ってみます。

今年は、リモート活用の年でした。在籍校との担任者会、保護者の皆様との総会、懇談会など、今まで対面で行ってきたことを思い切ってリモートに切り替えました。

 いざやってみて、とても良かったと感じています。リモートでもここまでできるんだ、ということを色々実感しました。あきらめていた「親子活動」も、モニター越しに実施できました。(上の写真は、親子活動で職員が作成したメモスタンドです。)

さらに、3年ぶりの「グループ活動」が実施できたことも印象に残っています。子供たち同士で関わることで目を見張るほど成長するお子さんを目の当たりにして、こちらも「やってよかった!」と嬉しくなりました。

さて、ことしの「新しい年を迎えるための工作」は、ぐにゃぐにゃだこの制作でした。グループ活動のビニールシートアートにヒントを得て、「決められた時間の中で集中して絵を描く」をメインのめあてにして取り組みました。

 ビニールに竹ひごの骨をつけたらあとは自由に絵を描きます。

バラエティに富んだたこができました。

よくあがります。

 良いお年をお迎え下さい。

グループ活動

 新型コロナの影響で、しばらく実施を控えていたグループ活動ですが、1学期の最後に行うことができました。

今回は「ビニールシートアート」です。4~6人のグループで、一人一人がビニールシートに絵を描き、テープで貼り合わせて大きな形を作り、それを使って遊ぶ活動です。グループ活動ならではの「話し合う」「協力する」「友達の良いところを見付ける」「皆で楽しむ」が、ねらいとなります。

天気が良い日に当たったグループは、校庭に出て活動しました。

シートの中に入って空を見上げたところです。

風が吹いてきてシートが舞い上がりました。

できた作品は廊下に展示して、通級以外の人にも見てもらえるようにしました。

 

 

増えました。

久しぶりの更新です。今年度も、新しいお子さん、新しいスタッフを迎え、順調にスタートしました。

指先の運動をねらいとして百均のミニブロック制作を行い、可愛いので飾っておきました。すると、

「自分も作りたい!」と人気になり、家から作って持ってきてくれるお子さんも現れ、だいぶ賑やかになってきました。

小学生からのリクエストメモを読んで、中学生のブロック職人さんが作った有名なゲームキャラたち。

増えたと言えば、ことしは西小のあちこちでヒキガエルが見つかり、教室にやってきました。悟空、ベジータ、クリリン、ブウの4匹です。

さらに先日2匹仲間入りしました。

今後ともよろしくお願いします。

スノードームなど

今回は、年末恒例の「作品作り」について紹介します。

今年は「スノードーム」を作りました。材料はすべて百均で揃います。

中の液体は洗濯のりと水を混ぜたものです。ネイルのラメが雪です。

中に入れるフィギュアは「ガチャガチャ」で引き当てます。

「何が当たっても受け入れて作る。」というめあてにしました。

中学生や高学年は、一人で説明を読みながら、

小さいお子さんは大人と共同作業で、

かわいいスノードームの完成です。

さて、こちらは選択活動の時間に生まれたブロックの作品達です。友達の作品を見て刺激を受け、新作が増えました。

クリスマスツリーを立てておいたら、いつのまにか折り紙の飾りが増えました。

こちらは中学生の作ったレジンアクセサリー。

みなさま良いお年をお迎え下さい。

 

 

動物たち

前回の続きで、生き物の紹介です。

西小では珍しいアマガエルのムギちゃんとプクちゃん。小さい方のムギちゃんは、この間、「カカカ!」と鳴きました。オスだったのですね。

とかげは、ミュウツー、アオハル、うんベエ、ちんベエ、クッキー、さんご、かっぴーがいましたが、脱走したり、行方不明になったりで、今はアオハル、うんベエ、かっぴーだけです。写真はアオハルです。

通級のみならず、1年生に大人気のけっぴー君。

小さいヤモリもいただきました。

ちびカナヘビも大きくなってきました。

今シーズン、皆を和ませてくれた動物たちも冬越しの季節。名残惜しいけれど、一部を除いて元のすみかに返しました。また来年、会えるといいね。

秋も深まり

久々の更新です。この3ヶ月ほどの間に通級の生き物たちにも色々な変化がありました。

まずはちびガマたち。ずいぶん大きくなりました。顔つきや体型もヒキガエルっぽくなっています。

 

なぜか、カナヘビ幼稚園が出現。秋に生まれたカナヘビの赤ちゃんが連日持ち込まれ、仲良く一つの水槽に入っています。奥にあるのは子どもが作ったカナヘビ用アスレチックです。

ヒョウタンは、収穫をして、

半分に切って中身を出します。用途は限られますが、あまり臭わないで加工できます。

 そのほかの生き物については、また後ほど紹介します。

夏休み

梅雨明け、そして夏休みが始まりました。

こちらは、夏休み前に行われた1年生の教室体験の様子です。「ここは、苦手なことが上手くできるように、得意なことをもっと伸ばせるように勉強するところです」説明を聞いた後に、実際に運動を体験しました。

こちらは、新顔「けっぴー」。去年の「ここ助」より一回り大きいがまくんです。得意技は頭突き。けっぴー達生き物は、夏休み中はスタッフが自宅に持ち帰って世話をしています。

ミニトマトが赤くなったので、一人一個の約束で、自分で収穫して持ち帰りました。

ひょうたんは、今年はいくつできるかな?

 

 

宝石2種とちびガマ

時々、通級児童やその友達から声がかかり、休み時間に子どもたちと遊ぶことがあります。

先日遊んでいたら、校庭でタマムシを発見!このあたりにもいるんですね。

シロツメクサの指輪をもらった先生も。なんだか宝石みたいです。

さて、先日校庭でちびガマを拾いました。昨年のココ助の親戚でしょうか。学校の池にはオタマジャクシは出なかったのに、一体、どこで生まれたんでしょう。

まだこのサイズです。

梅雨入り

関東地方も梅雨入りです。

コメコメちゃん、脱走しました。陸地に生えているオオバコを上って蓋を乗り越えたようです。現在逃走中。

カニも、脱走したりして数が減ってしまいました。残っているカニは元気です。

マルム、ミュウツーは元気です。トカゲが穴を掘ってミミズを捕まえるなんてびっくりです。

さらに、尻尾の青い「アオハル」と、小さいカナヘビの「ココア丸」が加わりました。ココア丸の下は、アマガエルのプクちゃん。(名前が決まりました。)ココア丸は、通級のお子さんが持ってきてくれました。

昨年、ヒョウタンを植えた場所には、今年はミニトマトが育っています。

ヒョウタンは、南の花壇に植えてみました。上手く育つかな。

 

 

 

ニューフェイス

令和3年度の指導開始から早くも3週間がたちました。

毎年恒例?発達支援教室の動物スタッフの紹介をします。

まずは、昨年度からのベテラン、コメコメちゃんです。冬眠から覚め、水槽内を遊泳中。

 

こちらは、職員室に迷い込んできたカナヘビ。マルムと名前がつけられました。マルムが乗っている石の右側に出ている尻尾の主が、

ニホントカゲ、「ミュウツー」です。カナヘビと違って、トカゲは穴を掘って昼寝をしていることが多いです。さらに、

アマガエルくん。名前はまだ決まっていません。草むしり中に飛び出してきました。そして、

サワガニをいただきました。きれいな水が好きなので、気を遣っています。

動物スタッフ一同も、皆さんのお越しをお待ちして一ます。