ブログ

2020年7月の記事一覧

人間以外のスタッフ

発達支援教室には5人のスタッフがいますが、実は人間以外のスタッフもいます。主に「心理的な安定」担当の彼ら(彼女ら)を紹介します。

まずは、おなじみのイモリさん。人が近づくと物陰から顔を出して寄ってきます。「コメコメちゃん」という名前で呼ばれています。

次に、ヒキガエルの「ここ助」。こちらは西小の1階

連絡通路を歩いているところを保護しました。

名前の由来は、胴をつかむと「ココココ」とかわいい声で鳴くところから来ています。生き物好きの子どもたちは2匹をながめたり、餌をあげたり、手に乗せて遊んだりして、また元気に教室に戻っていきます。

動物スタッフは、随時募集中です。

0

雨と葉っぱ

雨が続いた一週間でした。

いつのまにか、つるが勢いよく伸びていました。

さて、小学生たちは、「葉っぱの色塗り」に取り組んでいます。壁面に飾る葉っぱを自分の好きな色に塗って仕上げます。この活動の目当ては、

・集中して決めた時間いっぱい活動する。

・画材や色を自分で選択して作業をする。

・丁寧に、心を落ち着けて、枠の中を塗る。

・鉛筆などをリズム良く動かす。

など、一人一人違います。

今年は、葉っぱの形も何種類か用意して選んでもらうことにしました。人気は「カエデ型」です。

新しい葉っぱが少しずつつき始めました。

 

 

 

 

0

指導開始1週間

先月の29日から教室が再開しました。新入級のお子さんは2ヶ月半遅れ、前年度からのお子さんは4ヶ月ぶりの通級指導教室です。

イモリは、概ね好評でした。「わあ、かわいい。」と飽きずに眺めるお子さんも。

中学生教室の樹には、「言われてうれしかった言葉」の葉っぱがつき始めました。

ひょうたんは、そろそろつるが出ます。

初めてのお子さん、久しぶりのお子さんたちと話をして一様に感じたことは、一人一人の成長でした。突然の長いお休みは、思いもかけない災難ではありましたが、そんな中でも子どもたちは日々成長していくのだと、改めて気づかされました。

 

0